白肌を目指す洗い方を実践|毛穴をさっぱり綺麗にしよう【角栓除去してきめ細かい肌に】

毛穴をさっぱり綺麗にしよう【角栓除去してきめ細かい肌に】

白肌を目指す洗い方を実践

洗顔

美白対策のための洗顔を行う場合、現在の肌コンディションを考慮しなければなりません。肌が乾燥していれば弱酸性の優しいタイプを利用し、汚れが詰まっていて普通に洗っただけではなかなか落ちないと感じている場合には弱アルカリ性で綺麗にします。乾燥している時に負担をかけると、メラニンが増えてくすみの原因になりますので気をつけなければなりません。また、毛穴の汚れや黒ずみが目立つ時には肌のトーンが暗く見えますので、美白のためには毛穴の中まで綺麗にする必要があります。このようにその時々の状況に応じて洗顔方法を変えていくことが大切であり、正しい洗顔方法を実践していれば肌のコンディションも高まって美しい美肌に近づけます。

美白を考える場合、洗顔では刺激を与えないことが一番です。ですから、洗顔剤をそのままつけるのではなく、泡洗顔を取り入れます。泡は手と顔の皮膚の摩擦を軽減するクッションの役割を果たしますので、負担をかけない洗い方ができます。また、普通に洗うよりも毛穴の中の汚れを取り除きやすくなり、キメの整った状態にすることが可能です。お湯の温度は冷た過ぎず熱過ぎず、ぬるま湯程度が理想です。低過ぎると汚れがきちんと落とせないことがありますし、熱過ぎると急激な乾燥を招きます。最後にタオルでそっと水気を拭き取った後は、乾燥が進む前に美白用の化粧品をつけます。洗顔は汚れを落とすために必要ですが何度も行えば良いというものではありません。特に洗顔剤をつけて洗うのは一日に一回で十分です。